BRAVE-ブレイブ
BRAVE-ブレイブ>ホームページ運営アレコレ
株式会社BRAVE-ブレイブ
〒611-0021
京都府宇治市宇治戸ノ内39
TEL:0774-20-0292
FAX:0774-20-0293

ホームページ制作 作成
SEO対策検索エンジン登録代行は京都のBRAVE-ブレイブへ
お気軽にお問い合わせください。

ホームページ制作相互リンク募集

独立支援!格安ホームページ制作 SEO対策キャンペーン
お客様の望む仕事が
もしもBRAVE-ブレイブの仕事
だったら・・・
そう考えてベストのホームページ
を制作。
他人事ではなく、自身に置き換え
たSEO対策。
それがBRAVE-ブレイブ京都の
制作ポリシーです

ホームページ制作 SEO対策
サポートエリア一覧

<京都府下全域訪問にて>
京都府 京都市 宇治市 城陽市
京田辺 向日市 長岡京 八幡市

<電話と訪問対応>
大阪府 大阪市 奈良 滋賀 大津
兵庫 神戸
<電話中心の対応>
北海道 札幌 青森 岩手 盛岡
秋田 山形 宮城 仙台 福島 茨城
水戸 栃木 宇都宮 埼玉 さいたま
群馬 前橋 千葉 東京都 神奈川
横浜 新潟 山梨 甲府 長野 富山
石川 金沢 福井 岐阜 静岡 愛知
名古屋 三重 津 和歌山 鳥取
島根 松江 岡山 広島 山口 徳島
香川 高松 愛媛 松山 高知 佐賀
福岡 長崎 熊本 大分 宮崎 沖縄
鹿児島 那覇 日本全国対応

ホームページ運営アレコレ

ホームページを運営していく為のアレやコレや…をシーン毎に解説!
少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

1、サーバー会社を決めるとき

SNSやブログの隆盛で、個人の方のホームページ運営は非常に楽になりました。
そのため「ホームページを持つ」という意識は、個人ではあっても、営業性の個人の方や法人の方が多いと思います。
このどちらの場合も、まずは、ドメインを決める、というところからスタートします。

ドメインと云うのは @○○○○.com というようなものですね。
このドメインは、少なくともインターネット営業上ではまず最低限の信用確保となりますので、取得したいものです。
ドメインを取得しますと、その運用サーバーの性能にもよりますが、
  1. メールアドレスを自由に作成し、その運用が可能になります。
  2. ホームページ用のファイルを作成して、その公開が可能となります。
  3. 動画の公開が可能になったりします。
  4. その他諸々 etc.etc……
際限なく、様々なことが可能になってきます。
しかし、運用したい内容によってはサーバーの性能が足りないことも結構ありますので、心配な方は
ドメイン取得を行う際にサーバー元へ電話をして質問してみましょう♪

サーバー運用に関して、「わからない」と尋ねることは、決して恥ずかしいことではありません。
きっと、どこのサーバー会社もきちんと対応するはずです。
それは、知らない人が多いということを分かっているからです。

逆に、電話で対応してもらえないところは 1)プロ専門会社である、 か、 2)今後の対応も不安がある会社
と考えていいと思いますよ。

ドメインを決めるとき

ドメインって、結構大事なんですよね。
会社や、営業内容とイメージが直結したり、逆に「怪しさ」と直結したります。
それに、非常に長い付き合いになります。

「飽きた」からやめよう。とか「他にいいものが見つかったから」やめよう!とするものではないです。
このドメインは、長く付き合えば付き合うほど、信用は上がります。
簡単にいえば、誕生したてのドメインと、10年使用されているドメインでは、当然10年のほうが信用があります。
そして、それだけで、ホームページを上位表示させる要因のひとつになったりします。

だから、皆さん慎重に決定されます。
日本人には、.comが非常に多く使われますよね。
これは、「お客様が一杯来られて店が混む」という「混む」の言葉とかけて「com」
しかも、ダラダラとではなく「ドッと来られて混む」というイメージに重なるので「.com(どっとこむ)」なんですね。
あとは、日本専用ドメインの「.jp(どっと ジェイピー)」があります。
これも結構人気です。
インターネットや通信インフラなどを取り扱う業者には「.net(どっとネット)」
株式会社には「.co.jp(どっとシー・オー・どっとジェイ・ピー)」などなど。様々な種類があります。
ただ、全部同じ料金ではなく、その種類によって料金は変わるので、きちんと調べてから決定しましょう。
料金も取り扱い店によって、異なりますよ。

SEO(検索エンジン最適化)を考えるとき

このSEO(検索エンジン最適化)を考えだしますと、頭が痛くなり出します。
ホームページの運営が、簡単ではない、と分かりだす時ですね。
ホームページを作ったけれど、調べても自分のページは検索されない。
どこまで調べても、どこにも表示されない。だからアクセス数が伸びない。誰にも見てもらえない。
こうした期間が長く続くと、商売は度外視して、とりあえず誰かに見てもらわないと!と考えるようになってきます。

特殊な商品を扱っていたり、専門性の高い技術の情報発信などしているトコロはこの限りではありません。
必然的にアクセスされるようになります。
しかし、ほぼ大半のホームページは、そうした特徴に乏しいか、ライバル先が多い、という問題を抱えています。
そんなときにSEO(検索エンジン最適化)という概念が必要だと知ります。

同時に、その費用の問題から「自分でやってみよう!」という方もおられます。
それは問題ではありませんが、知らず知らずにモラル違反をしている場合があります。
その点は、非常に気を付けないといけません。
このモラル違反をスパムといいます。

モラル、という言い方をあえてさせていただくのは、仮にスパムをしたからといって、逮捕されることは無い…つまり法律により罰せられることは無いからです。
しかし、モラル違反なので、社会から罰を与えられることがあります。
例えば、YahooやGoogleから、「永遠にあなたのホームページは、検索結果に表示されないようにします」と言われたり
あるいは、「3ヶ月の間」など、期間指定付きで検索結果に表示されなくなったりする場合があります。
しかし大半はこのような告知無しで「何の通知もなく、突然検索結果から消えた」というのが現状です。

昨日まで、何かのキーワードで自分のホームページが上位に表示されていたのに、ある日突然、表示されなくなったり
順位が極端に下がったり、そんなことが起こるんです。
特に、Yahooは2008年に入ってから、毎月のように検索プログラムの更新を行っているので、こうした順位変動の現象が起きやすくなっています。
この毎月更新は、いつまで続くのか?これは誰にも分かりませんので指をくわえてみているしか無いのです。

当社もそうですが、ただ黙って見つめてはいません。
こうした変化を感じ取り、サイトに修正が必要であれば修正や変更を加えていく…これが、当社のような会社の仕事です。
ご自身に限界がある、と感じたときは、専門家に任せてみるのもいいかもしれません。
ただ…。
選んだ会社によっては、費用が膨大で結果が伴わない・結果が持続しない・効果があるのかはっきりしない…
などの例があります。
SEO対策(検索エンジン最適化)の会社選びは、慎重に行ってください。

携帯のホームページ

携帯電話、ほぼ皆さん持っていると思いますが、どこの機種をお使いですか?
au?docomo?softobank?あるいはイーモバイル?
どこの携帯をとっても、取り合えずインターネットは可能ですよね?
ところが、困ったことに、この携帯各社によって、それぞれ表示される言語に得手不得手があるんですよ。
パソコン用のホームページは、全てこの3社(au/docomo/softbank)用に変換しないと、きちんと表示されないんです。
時々、非常に稀にプログラムのモジュールでこの変換がうまくいかない場合があります。
「何故だ!」とお叱りを受けることがあるのですが、こうした場合、大半が古い言語で書かれたそのままのものが多く
費用の問題もあり、根本的に改変できない、という場合に発生します。
また、更に問題をややこしくするのは、携帯側が「バージョンアップ」と称して、どんどん仕様変更を行っていく点です。
このため、同じキャリアでも、古いものと新しいものでは全く仕様が別物で、新旧のキャリアが混在しているという場合があり、しかも、そのキャリアが市場にどの程度出回っているのかの判別がつきません。
そのため、パソコン主体に考えますと、「最大公約数」で仕様を決定するしかなくなってきます。
「うまく動作しない」「エラーが出る」などの場合がありますが、こうしたトラブルの原因はキャリアごとの性能によることが非常に多いのです。
一度は見られた経験があると思いますが、携帯のサイトでは「対応機種一覧」というものがよく表示されていますよね?
あれが、こうした問題の末に表示されるものです。

携帯対応ページの表示トラブル…
それは携帯コンテンツを作成する側の問題ではなく、本来は携帯各社やキャリアの問題。
……なんて……言い訳に聞こえます…よね??(>_<)